単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

離婚裁判は弁護士なしで可能か

可能ですが、勝率が下がります。

裁判と言っても大まかに2種類あります。

  • 民事裁判
  • 刑事裁判

離婚訴訟の場合、民事なので
基本有料です。
刑事裁判は、告発した方は無料ですが
被告になったら有料となります。

妻を訴えた話はコチラ

最初は家庭裁判所(家栽)からスタート

裁判離婚の始まりです。
離婚届に押印できなかった人が通る道で、
協議離婚とは一線を画します。
離婚の話がもめて(協議が出来なくて)
裁判になる訳ですから
最低1年は覚悟しましょう。
私の場合、2年かかりました、

家裁にも弁護士を連れていきましょう

家裁での裁判は”調停”と呼びます。
裁判よりフランクな感じで
調停委員という人が揉め事を進めていきます。
裁判官よりインパクトはありません。
調停委員はバカなので、
弁護士を連れて行くと
言いなりになります。
逆に言うと、
弁護士を連れて行かないと、ナメられます。
勝負に勝ちたければ
きちんと戦略を練って
大勢で戦った方が
勝てるに決まってます。
しかし、家裁レベルでは
強い意志があれば
弁護士は入りません。
”不調”になって終了です。

次は地方裁判所(地裁)です

家裁ではもめ事を何も解決できません。
それを”不調”と呼び、地裁へ持ち込みます。
私の場合、地裁まで弁護士なしで戦いました。
ここから裁判って感じになります。
ドラマでよく見る法廷で行われます。
左が告発側なので、
弁護士がいなかったら
ひとりぼっちです。
右側の被告側に弁護士がいると
裁判官も弱い方をナメてかかってきます。
見た目で判断されるので、
全く公平に裁いてくれません。
裁判官も、バカ公務員の一員です。
裁判官は東大卒が多いハズなんですが、
公務員になると、レベルが下がるんですかね。

地裁レベルでは必ず負けます。

相手もこのレベルになると
弁護士を用意してきます。
相手がプロなので、
素人が勝てるわけありません。
私の場合、途中まで1人でやってみました。
1人でどこまで出来るか
試したかったからです。
相手が悪くても、プロは絶対に勝ちます。
正しいことを主張していても
裁判官が弁護士を信じるので
1人裁判では必ず負けます。

高等裁判所(高裁)では弁護士を雇いました。

地裁で負けたので、控訴しました。
今回は楽勝でした。
裁判官がまともに裁いてくれましたから。
バカな裁判官にはきちんと対処しましょう。

結果:弁護士なしでは裁判は勝てません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です