単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

【ホテル療養の現実を実況!’2022年】コロナになった人の愚痴

2022年夏にコロナになった人の愚痴、私のことです。

まさか、自分がコロナにかるとは。

2020年1月末頃から急激に発生したコロナ旋風。

第1波、第2波とどんどん発達し、2年以上たった今では第7波と猛威を奮っています。

いまさらコロナにかかるとは、微塵も思っていませんでした。

なぜコロナにかかったのが分かったのか?

私も初めてのことなので、初めての方ぜひ参考にしてください。

1日目、全く分かりませんでした。

起床時に少し喉の痛みはありましたが、元々アレルギーがあるので、いつものヤツだと思っていました。

2日目、朝は元気いっぱいでしが・・

お盆休みも終わりに近づき、元気一杯ではありませんでしたが、いつもの朝と全く変わりません。

休日の食事はいつも外食なので、いつものように時間をずらし、人の少ない時間帯に食事を済ませます。

就寝前、なんか熱っぽい感じがしたので、検温すると37.5度!

微熱ですが、嫌な予感はしたものの夜なので、解熱剤(ロキソ)を飲んで就寝しました。

3日目、朝も微熱治らず・・

発熱外来を調べて電話をしても、今日は日曜日。なかなか電話はつながりません。

これでは会社に行けないので、薬局の無料抗原検査を午前に予約し、検査をしたら何と陽性。

病院での再検査を促されたので、再度発熱外来へ電話をするとスンナリつながり夕方の予約が取れました。

後で考えてみると、きっと発症したのは今日から2日前だったんだなと思った次第です。

コロナの診察は無料ではなかった。

コロナ関係には全て無料かと思っていた・・

マスコミの報道ではコロナに関しては全て無料的な感じだったので、まさかお金が必要だとは思ってませんでした。

問診のみで検査なし! 3分ほどで診察代3,000円越え! 医者の分給1,000円ってとこですか。

無料かと思っていたので、すごく高く感じました。

【コロナの特効薬!】日本未承認の抗ウイルス剤GET!

日本未承認の薬なので、何回か書類にサインさせられました。

海外では承認済みのコロナ用特効薬だそうですが、日本では治験数が足りず副作用が把握できていないので、要サインです。

手術の前に、死んでも文句は言いません的な書類にサインをさせられるのと同じです。

実際は効くそうですが、病人の数に対して供給が追いつかず、若者には処方できないのが現実だそうです。

コロナになった場合、どうなるのか?

まずは隔離10日間、治療は無料なのでホテルをチョイス。

隔離期間をどう暮らすか?10日間もあるので時間をムダにしない為にも大事な選択です。

選択肢としては

  • 自宅療養
  • ホテル療養
  • 入院

自宅は家族に迷惑です。そんなに症状も重くないので、ホテル療養を選んでみました。

【ゾッとする光景!】ホテル丸ごとコロナ患者!

当然ですが、宿泊者全員コロナにかかってます。流石にこの環境を目の前にするとビックリ。

エレベーターもお構いなし。混んでいてもジャンジャン乗ってきます。

これは刑務所か?(収監された事ないけど・・)

同じ一人暮らしでも、単身赴任の方が全然ラクです。

ただ、食事は洒落ている時もあり、おいしかったです。

よく見ると、ワシントンホテルって書いてありました。

今だけです、この国のコロナ対応は。

病気になるだけで、10日休暇+国費で治療。

どうかしてますよ、日本って。

だから知らないうちに後進国になってしまったんでしょうね。2015年には中国に抜かれ、2017年には韓国にも抜かれています。

しかしながら貴重な経験ができて、良かったと思います。

カテゴリートップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA