単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

単身赴任しながら離婚裁判

男性の勝率5%以下と言われる離婚裁判

離婚裁判なんて、好んでする人はいません、
好きで結婚したんですから。
しかし、時間がたつと
お互いの気持ちが変わる事もあります。
そんな時に、離婚届にサインできますか?
サインした場合は協議離婚成立で、
いわゆる”円満離婚”と世間では言われています。
私の場合、円満とはいきませんでした。
だって、勝手に離婚届を出されてたんですから。
これは”公正証書不実記載”という刑事罰です。
しかし、これでも離婚が成立していたんです。
ナメた真似をされたもんです。
売られたケンカは買ってあげましょう。

裁判離婚スタートです。

あきらめる事こそ、最大の失敗。

裁判って、始める前は
みんな勝訴すると思って訴えます。
負けると思って訴えませんから。
(ちなみに有責配偶者からの告訴はできません)
でも訴訟に負ける人は、たくさんいます。
なぜか?
思いが足りないからです。
なぜ思いが足りなくなるのか?
長引くからです。
2年も強く思い続ける事ができる人は
なかなかいないでしょう。
だから相手も持久戦に持ち込みます。

仕事を続けながらの裁判は、大変です。

裁判は公務員相手なので、平日限定。
ただでさえ休みの取れない
民間企業に勤めている私は
日程調整だけでも大変です。
その上、裁判で勝つための
シナリオを作らないと
絶対訴訟には勝てないので
忙しくてしょうがないです。
ここは強い思いでクリアするしかありません。

あとは、自分でやり遂げるだけです。

やらなければ、何事も可能にはなりません。

これが、勝率5%以下の訴訟に勝つ方法です。
ものすごくシンプルです。
それともバカみたいにガマンして一生を終えますか?
まあ、それも1つの手段ですが、
私には理解できません。
自分が幸せにならないと
周りの人を幸せにできませんから。
まずは、自分の幸せのために
自分の思いをドンドン実現していくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です