単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

緊急事態宣言で巻きタバコ三昧

今回はアムステルダマーの手巻きレビューです。

グレープアイスフレーバーです。

グレープはわかるけど、ICEって何?

わかりたいので買ってみました。
紙はマックバーレンが付いていたので、
多分巻きやすいシャグだと思います。
巻紙が多少接着されてますが、
ゆっくり剥がせば破れない感じです。
できれば接着固定しないで欲しいです。
ちなみに名門ドラムは接着されてないので
ありがたいです。

とりあえず、巻いてみましょう!

他の巻紙が余っているので
今回は使いません。
マックバーレンの巻紙って
けっこう分厚いんですよ。
この薄々の紙で巻いていきます。
cheシャグに付いてました。

どうです、この透明感。

キングサイズの巻き紙を別に買っているので、
巻き紙は結構余ってきてます。
巻き紙の薄さは伝わりにくいかもですが、
けっこう薄い方です。
まあ、セルロース系には勝てませんが。
セルロース系はそんなに薄くは無いんですが、
紙ではなく、デンプンシートなので
シャグの味を全く邪魔しません。

気になる方はコチラ!

フィルターもいろいろあります。

もちろん別売です。
海外で買うより倍の価格しますが
1円/個が2円/個になる程度です。
通常の太さのフィルターが左で
右はスリム(6mm)で、チャコールが入ってます。
健康に良さそうなのはチャコール入りですが、
紙巻きタバコなので、気にする方がアホです。
しかし、味に関してはけっこう変わるので
微妙な差を求める人にはおススメです。

シャグを開けるとブドウの香り

このフレーバーアリです。
まだICEの意味が分かりませんが
適度な湿気で非常に巻きやすそうです。
相変わらず、日本仕様は
ファスナーがついてないので不満ですが。

シャグってみました。巻きやすい!

ちょっとシャグるだけで
この形!適度な湿潤感です。
さすがマックバーレン製ですね。

スリムで巻くとこんンな感じです。

巻き感は、スリムの方がダンゼン巻きやすいので、
スリムフィルターから始めた方が良いです。
フィルター径の6mmに対して
巻き紙に余裕があるので
乗り付けまでに余裕があります。
慣れてきたら、通常の10mmで巻いてみましょう。

では味見です。

冷たい!これがICEか。

確かにICE感あります。
メンソールではなく"ICE"
”スー”ではなく”ヒヤー”です。
軽く巻いたはずですが、
そんなにキツくはならず、
ヘタクソが巻いても安定した味になるでしょう。

ガツンんと吸いたい人はお勧めしません

最近は禁煙ブームなので、
今から巻きタバコを始める人には
最適のシャグです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です