単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

赴任地の福島県は、まあまあ大きな地震が多い【今回もそこそこ揺れました】

今回の地震も、そこそこ揺れました。

大きな地震は、阪神淡路・福岡・鳥取、そして今回の福島と4回目なので、だいぶ慣れてきました。

大きな地震の前に、スマホがビービーなりました。

東北ではよくある事です。大勢でいる時は、全員のスマホが一斉に鳴るので、結構迫力があります。昔は携帯電話すらなかったので、地震の前も地震後も全く情報がありませんでした。スマホって、ほんと便利です。

今回の被害状況

震度5強では、こんなもんでした。

ペットボトル転倒、食器用洗剤転倒と被害ほぼナシ。

この周辺は、東日本大震災の中心地なので、もしものために水や非常食はストックしています。そのうち1本の水が倒れただけで、ほぼ被害ナシです。

前回(2021年2月13日)の被害状況

震度6だと結構ガッツリです。

時計が揺れた勢いで時計の電池が外れ、地震の起こった時間で止まってました。

冷蔵庫が動いて、電子レンジが落ちそうでした。キッチンもグチャグチャですが、割れたものはありません。

地震が起こっていた時間は大阪にいたので、揺れは体験してません。深度6という情報は知った時には、そこそこ被害はあると思いましたが、意外に大丈夫な感じでした。

震度7超の経験談です。

阪神淡路大震災の時、大阪で体験しました。

私の場合、最大級の深度を体験しているので、地震に対しては余裕があります。携帯電話が普及し始めた頃だったので、意外と携帯はつながりました。一般回線(家電)からは、ほぼつながらなかったです。

食器棚が倒れそうだったので押さえていましたが、中の食器がどんどん割れて、あまり意味がありませんでした。停電していたので、情報が全く入ってきません。携帯もガラケーしかなかったので、情報ほぼゼロです。きっと電車も動いてないだろうと思い、会社に行かなかった記憶があります。

このような経験があったので、今回の地震も普通でしたが、動画を撮る余裕はありませんでした、次回は動画にチャレンジしてみたいところです。

いろんな経験すると、行動に迷いがなくなります。

経験値以下のことが起こると、非常に行動しやすいです。今回の地震でも今までの経験のおかげで結構余裕がありました。

今回は地震でしたが、経験値は地震以外でも通用すると思います。若いうちに、たくさん失敗して経験を積みましょう。決して無駄にはなりません。

カテゴリートップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA