単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

単身赴任手当とは?見合う金額

単身赴任手当なんてクソみたいな物です

なんと、私の給料明細!
ここで単身赴任手当相当は、別居手当のことです。
どこの会社でも、大体2万円〜5万円のようです。
私の場合、3.5万円なので、無難な金額でしょう。

単身赴任は時間のムダです。

別居手当ての上に帰省旅費とありますが、
自宅と職場を月に2往復する旅費です。
私の場合、大阪ー福島なので
ほぼ飛行機代です。
会社もアホですよね、
わざわざ大阪の人間を赴任させて。
東京の人を赴任させれば安くつくのに。
まあ、放射能まみれの現場には
誰も赴任したくないのでしょう。

画像下の”手当”って何の手当?

これぞ、放射能浴び浴び手当です。

福島爆発原発の周辺で働いてる人は
全員もらえます。
”特殊勤務手当”って言います。
世間的に都合が悪いので
”手当”としか書けないのでしょう。
特殊って何の事でしょう?
それは日本のために放射能を浴びているって事です。
かなり”特殊”ですよね。
会社からもらってますが、
実は環境省から作業員に対して
支払われているそうです。
1日¥6,600なので、
1月に20日働くとこの金額です。
安すぎませんか?
人がイヤがるまともなヤバい仕事にしては。

手当だけで30万円超えてますやん!

普通の単身赴任ではありえない金額ですが、
福島の爆発原発周辺ではこんなモンです。
ヤバい仕事なので金額には全然満足してませんが
自分で選んだ仕事なのでガマンしますか。
もちろん、この金額に基本給が加算されます。

無駄に消費されてしまう時間に相当する金額を頂きましょう。

まあ、お金でもらってもムダな時間と健康は返ってきませんけどね。
私の場合、小さい子供がいないので、まだマシです。
子供が小さいと、父親の記憶が当然少なく
子供が育って大きくなった時のダメージは計り知れません。

私の思う単身赴任で見合う金額は、

年齢にもよりますが最低100万円/月です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です