単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

単身赴任の癒し

単身赴任は場所によって雲泥の差があります。

ちなみに今の赴任先は雲泥で例えると”泥”です

福島県が悪いと言っている訳ではなく、
被災地周辺なので便利が悪く暮らしにくいという事です。

今日は動物に癒されました。

自然がいっぱいなので、野生の動物は結構います。
ちょっと痩せてますが、可愛いキツネです。
口笛を吹くと寄ってきました。しかし、触ってはいけません。
ここは福井県の大熊町、F1原発爆発で被災した被爆地です。

このキツネも被爆してます。

被曝した動物は線量(放射線を放つ量)が高く、触る事によって被曝します。
線量によっては近寄るだけで被曝する事もあります。
以前、イノシシを食べようとしてさばいた後、もしもの為に線量計で計測したら
食べる気を無くすほど線量が高かったそうです。

周辺では復活した施設もあります。

天神岬温泉で体を癒す事ができます。

福島原発の被災地から一番近い楢葉町の温泉です。
オリンピックの聖火ランナースタート地点ですが、誰も知らない”楢葉町”です。
そりゃあ、国ぐるみで隠し通そうとしてますから誰も知りません。
被災によって町を追い出され、何もなくなった所からの復活だそうです。
元々ど田舎なので、癒されるものは温泉か、可愛い動物しかありません。
可愛いからと言って、触ってはいけません。被曝します。
帰還困難区域には人が住んでない(住めない)ので、可愛い子も歩いてません。

オリンピックの聖火ランナーが南に向かって走る理由

それは、楢葉から北に向かうと被曝するからです。

楢葉町から富岡町に入ると、こんな看板が立ってます。帰還困難区域があり
生身の人間やバイクですら通行不可です。
ここが日本だなんて信じられます?事実です。
日本人にも隠してますから、当然世界にも隠し通すでしょう。

こんな現実を世界に隠して福島からオリンピックを開催します。

是非マスクでもして走り、やばい現実を真剣に考えてほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です