単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

単身赴任先で包丁で刺されそうな人発見(w)

単身赴任先で警察沙汰です(ww)。

現場内の事件では無かったので、良かったです。まぁ本人は大変だったでしょうけど。

幸いな事に、刺される前に通報したので、事件ではありません。

原因は浮気疑惑。

新婚家庭にはよくある事です。お互い好きで結婚したので、どちらかが浮気すればモメます。たとえ浮気してなかったとしても、ちょっと怪しいことがあれば勘ぐられるものです。

しかし、原因は夫ばかりではありません。結婚すれば毎日ヤレると思っていたのに、子供ができた瞬間ヤラせなくなる嫁は沢山います。

私の場合、1回目の結婚で子供に邪魔される事がわかったので、2回目の結婚では毎朝ヤるために子供は作ってません。その結果、毎朝ヤル事が可能となりました。

なぜ刺されそうになるのか?

嫁の戦場はキッチンです。キッチンにはいろんな武器が揃ってます。包丁も、その一つでしょう。刺そうと思えばいつでも刺せます。アイスピックやバースプーンも見逃せない武器です。

愛されすぎて刺されそうになる。

嫁が、実はストーカーなパターンです。ストーカーであれば、刺されるのも無理はありません。しかし、そうさせたのはあなたです。ストーカー対策をしっかりしましょう。

金に困って刺されそうになる。

あなたの稼ぎが、結婚前の理想と違いすぎると刺されます。結婚前に、嫁に大きな夢を見させていたあなたの責任です。自分を大きく見せるのも、ほどほどにしましょう。

嫁の選択を間違えるな。

これから一生を共に暮らす人を、内面で決めてませんか?そこが間違いです。言葉なんて、平気でウソをつけます。外見はウソをつきません。人は見た目なので。見た目がキチッとしている女性は、必ず見た目以上の努力をしてます。

嫁の正しい選び方を知りたい人はこちら

刺されそうになったのに、これから生活できるのか?

私の場合、余裕です。妻と口論になるたびに、毎回いうセリフがあります。

ウチは毎日がキャンプファイヤー。ここは好きな人が集まる場所なので、嫌になったら、いつでも離れてください。

今の嫁にも何度言ったかわかりませんが、今だに離婚していません。ウチの場合、強制はあり得ません。

過去も未来も気にしない、アドラーの心理学

イギリスのことわざで、「You  can  take  a  horse  to  the  water, but  you  can’t  make  him  drink.」と書きます。

馬を水辺に連れて行っても、馬が水を飲むかどうかは馬次第。人は他人に対して機会を与えることはできますが、それを実行するかどうかは本人次第であるという意味です。

良かれと思って行動した事が、実は大きなお世話。

人のことを考えるなんて、おこがましいです。まず、自分のことだけ考えましょう。自分がうまくいかないのに、人とうまくいく訳がありません。いくら人のためだと思って行動しても、それは大きなお世話かもしれません。いや、大きなお世話です。

自由にしてると、人に嫌われる事がある。

自由にしてると、会社では変人扱いされます。それだけみんな自由になれないんですかね。一度、自由を味わうとやめられません。ストレスフリーです。

嫌われる勇気がありますか?

他人から嫌われろと言っている訳ではなく、嫌われることを恐れるなと言う意味です。わざわざ好んで嫌われにいく人なんていません。もし他人に嫌われた時には、こちらから好かれに行く事は全くありません。だって他人ですから。

このような当たり前の事を心理学の見地から確認できる有名な本もあります。きちんと読むと、精神的に楽になる本です。心理学というより、哲学に近い考え方です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/11/29時点)

楽天で購入

他人よりも、まず自分です。

自分が幸せでなければ、他人に幸せなんか与えれるわけがありません。旦那が幸せじゃないと、嫁が幸せなわけありません。嫁に不満があるなら、旦那にも不満があるハズです。

稼ぎがあるとお金でそこそこカバーできますが、若い頃に結婚するとお金が無い事が多いので、お金ではカバーできません。稼ぎがそこそこあれば、まぁまぁ何とかなります。世の中の離婚原因の8割は、お金が原因です。

全ては自分のチョイスです。

稼ぎが少なくても、稼ぎの少ない仕事を選んだのは自分です。自分を刺すような嫁を選んだのも自分、全て自分のチョイスです。いろいろな事象を人のせいにしなければ、全て解決できます。

単身赴任トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA