単身赴任歴に役立つ情報を提供します。

単身赴任は離婚原因になるのか

あなの離婚に対する思いが大切です。

単身赴任は離婚の原因になり得ません。

法的には無理です。 一例ですが、 待ってる側(嫁側)にヤリ友ができて、 旦那と別れたいのであればアウトです。 また、赴任先で彼女や彼氏が旦那にできた 程度の思い程度では全く無理です。 日本の法律を、まず理解しましょう。

離婚原因が何かによります。

離婚には原因があります。 大部分が自分に都合よく動こうとします。 しかし、それをダシに使うのは王道。 相手は確実に浮気してます。 または、あなた自身が浮気をしてます。 バカなあなたは大事なことを知りません、 法律の壁がある事を。

有責配偶者は誰なのか。

有責配偶者って言葉知ってますか? 漢字の意味を考えると 何となくわかると思いますが、 都合の悪い事情がある方、 つまり、浮気をしている方です。

有責配偶者からの離婚発信は無理です。

普通に考えるとわかるハズです。 つまり、悪い事をしてる方が発信して 離婚が成立するなら 浮気、乗り換えし放題って事です。 無責任のキワミですね。 こんな事、法で規制してない訳ありません。 基本スタンスは、 浮気された側が、相手に愛想を尽かした場合 旦那(妻)を捨てれますよって事です。 もちろん民事なので、 損害賠償(慰謝料)は取れますが、 離婚で揉めるような人たちに お金持ちは少ないので せいぜい200万円が良いところです。 世間の80%が貧乏離婚と言われてます。 世間では数千万円の慰謝料が取れるなど騒がれますが それは芸能人等の情報であり、 一般的な判例(裁判事例)はこんなもんです。 私の場合も10年程度の結婚生活で 200万円の債券でした。 ただ、即金ではありません。 あくまでも債券です。 年利5%なので、 10年後に請求すれば、1.5倍になります。 注意しないといけないのは、時効です。 また、相手が晴れない時に請求すると 無い袖は振れない理論で 無効となり大損害です。 債権の請求時期を慎重に考えましょう。 この手の時効は10年なので、 忘れて10年過ぎれば 裁判自体に意味がなくなり、 相手の勝ち逃げを許す事になるので、 充分注意しましょう。

本気で離婚したいなら可能です。

協議離婚に持ち込みましょう。

あなたが有責配偶者の場合、 コレしかありません。 バレないように 相談して納得させましょう。

家裁でもあきらめなければ可能です。

お互い弁護士を介入させないほうが無難です。 弁護士はプロなので、 有責度合いを見抜きます。ダンゼン不利になります。

バカはいつまでたっても離婚できません

離婚をしたければ、その思いを強く持つだけでいろんな方法が見つかります。いろんな方法を見つけるには勉強しなければ見つかりません。ボーっとしているだけでは一生離婚は無理です。そんなバカが世の中にはゴロゴロいて、いつも嫁の愚痴を言ってます。そんな嫁をチョイスしたのは誰でしたっけ?

勉強してバカを卒業しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA